BLOG

2020.12.14ブログ

一生痩せたければ、まずは小さすぎる目標をたてましょう

私はこれまでに何万回とインスタグラムのフォロワーさんや初対面の人に痩せるには「どのトレーニングを何回やればいいですか?」と質問されてきました。
私の答えは「どのトレーニングでも良いのであなたが苦痛を感じない回数です」と答えます。
私の弟は「目標は1回にしてください」とまで言います。
目標を達成したらやめてもいいし、もし気が向けば飽きるまでやってみて、少しでも「辛い」と感じたらすぐやめてください。たとえ1回でやめたとしても、目標回数を達成した自分を褒めてください。とにかく絶対に頑張ってはいけません。
「でも、どんなトレーニングでも1回やったくらいじゃ意味ないじゃん」って思う方がいるかも知れません。確かにトレーニングを1回だけやり続けるだけで痩せることは難しいでしょう。
でも「1回では意味がない」と思ってしまう方は、まだまだ従来のみなさんが失敗するダイエット方法に囚われています。
痩せ続けたいのであれば「太らない習慣を作る」ことを目的にしてください。それに、私は1回でやめなければいけないとも言っていません。気分が乗っている時にはもっと回数をこなせば良いのです。
ポイントは毎日の目標設定を自分でも笑ってしまうほど小さいものにすることです。
ここで頑張りすぎてしまう人の大半はダイエットを継続できずに終わるでしょう。

1回のトレーニングすらやる気になれないという人には「トレーニングをしなくてもいいからトレーニングウェアを着てください」ということもあります。目標はトレーニングウェアを着ることなので、着たらすぐに脱いでもかまいません。着てみて、もし気分が乗ってトレーニングしたくなったら1回だけでもやってみれば良いのです。
人間には「制服効果」といって、服を着替えるとスイッチがはいることがあります。
仕事へ行きたくなくても、スーツを着たら仕事のスイッチが入ったという経験がみなさんにもあるのではないでしょうか?
人間はバットを持てば振りたくなるし、パンチンググローブをはめるとパンチしたくなるものです。
もしトレーニングウェアを着ることすらも気分が乗らないのであればトレーニングウェアを触るなどと、どんどん目標のハードルを下げていけば良いのです。もしも自分で決めた小さな目標を継続できなかったら、その目標はあなたにとって毎日継続できるほどの小さな目標ではないということです。
この小さな目標設定はトレーニングに限らず、食事面でも同じことが言えます。例えば、ついお菓子を食べすぎてしまう人は、お菓子を食べたけどいつもよりたくさんの野菜を食べるとか、お酒を飲んでしまったけどいつもよりたくさんのお水を飲むなどの行動をすれば良いのです。
あとは、いつも食べている洋菓子の代わりに和菓子を食べたり、いつも飲んでいるビールの代わりにハイボールを飲むなど、摂取するものを少しずつヘルシーなものに変えていくのも良いと思います。