BLOG

2020.12.15ブログ

痩せるためには勝ち癖をつけましょう

ダイエットに限らず「やろうと思ったけれどできなかった経験」が積み重なることはとても怖いことです。
そのような経験がどんどん積み重なると「負け癖」ができて、やりたいことや目標ができたとしても、負け慣れている人はすぐに諦めてしまう人間になってしまいます。
本心で成し遂げたいと思ったことは、時間がかかってでも諦めずに成し遂げるべきです。
そうしなければ、あなたの潜在意識が「有言実行できないことが当たり前」という認識を持ってしまい、ダイエットに限らず何をしようとするにも「自分には無理だ」と思うことが癖になってしまいます。
つまり、負けの連鎖からなかなか抜け出せなくなってしまうのです。
私はダイエットにおいてこの負け癖がついてしまっている人を何人も見てきました。その中の多くの人を痩せさせることに成功してきたのですが、その方法は、自分でやると言ったことを行動に移す癖をつけてもらうのです。
もちろん私はクライアントに、強制ではなく提案しかしません。本人ができそうと判断して、「やります」と言ったらやってもらいます。
しつこいようですが、ここで重要なのはできるだけ簡単で手軽なことが良いです。その簡単で手軽なことを今日中にやると約束してもらうと、大体の人はやってくれるものです。
要するにあなたが「これくらいならできるかな」という精神的苦痛にならないレベルでダイエットを始めて、決めたことをやるという勝ち癖をつけていただきたいのです。
はたから見れば「それのどこがダイエットなの?」と言われるようなことであってもそれは気にしないでください。
人の基準ではなくてあなたの基準でいいのです。むしろあなたの基準でなければいけないのです。
昨日までのあなたがとても太る行動をしていたのであれば、
今日からのあなたの行動は少し太る行動にして、
その生活に慣れてきたら、今度は太らない行動にして、
更にそれに慣れてきたら今度は少し痩せる行動へと変えていけば良いのです。